歯槽膿漏のセルフケアについて

歯槽膿漏のセルフケアについて

歯槽膿漏は歯肉炎、歯周病が悪化した症状です。簡単に言えば、口の中にある細菌が異常に増えて、歯茎や歯の周辺に炎症を起こす病気です。自覚症状がないことが多いので、日常的な口の中のセルフケアが不十分な場合、症状が進行しやすくなります。歯槽膿漏に進行すると歯周ポケットが深くなり、歯茎や歯根部分の細胞が壊れるの、膿や出血があります。早期にケアを開始すれば、進行を遅くして膿を止めることが出来ますが、適切なケアをしないままでいると、最終的には歯を支える事が出来なくなるので抜歯が必要になります。

 

一説によれば、40代以降の約8割が歯槽膿漏もしくは予備軍になっていると言われています。早期に適切なセルフケアを開始すれば高齢になっても健康な歯と歯茎を維持出来ますし、仮に歯周病が発症したとしても、歯医者で定期的な検診や治療を受ければ、高齢になっても自分の歯で食事を楽しめます。

 

歯槽膿漏にならないためのセルフケアは正しい歯磨きです。歯茎にトラブルが起こる原因のひとつは歯垢です。食べたもののカスが歯根や歯と歯茎の間に詰まったままだと、歯垢として歯に付着し口内細菌を増やします。歯垢をためないためには毛先が細く、密集した歯ブラシを使って、歯と歯茎の間に食べ物のカスが残らないようにブラッシングをすることです。単に左右にこするだけではなく、毛先を歯の根元に当てて、上下左右に細かく動かします。左右に動かす幅は、歯1本から2本分が適当です。手を動かしにくい歯の奥から磨き始めて、少しずつ前に移動すると、すべての歯と歯茎をブラッシング出来ます。

 

毛の硬度は柔らかめにします。硬い毛でこすると、歯茎に負荷がかかりやすくなりますし、すでに歯茎に腫れや痛みがある場合にはさらに症状を悪化させるリスクがあるためです。セルフケアをしっかりと行いつつ、数か月ごとに歯科医院で定期健診を受けれ゛は、歯と歯茎の管理は万全です。