歯槽膿漏とアルツハイマーの関係について

歯槽膿漏とアルツハイマーの関係について

旧厚生省では8020運動を推奨しています。80歳を過ぎても自分の歯を20本以上残すようにしましょう。というもので、歯が丈夫なら食事をよく噛んで食べることが出来るので、身体的な健康だけでなく頭の健康にも有効であると考えられます。歯槽膿漏になると歯茎に炎症や膿が生じます。初期の段階なら、適切なケアを続けることで症状の進行を遅らせことが出来るので自分の歯は維持出来ます。ただ口内環境が著しく悪いままだと、歯茎の痛みで噛むことが出来なくなり、最悪の場合には抜歯が必要になります。

 

入れ歯にすればよいという考え方もありますが、よく噛めないと脳に刺激が十分に送られなくなりますし、十分な栄養も取れなくなります。脳に刺激が伝わらない状態が長く続くと、脳の働きの劣化にもつながります。歯槽膿漏は歳をとれば誰でもかかるものだからとケアをせずに放置すると、大病を誘引することもあるので安易に考えないことが大切です。

 

また歯槽膿漏の原因になる歯の炎症を起こす菌には、活性酸素など生活の質を体化させる物質が含まれています。活性酸素は老化に深くかかわりがある物質で、歯や歯茎を含む体内のあらゆる機能の劣化に関与していて、アルツハイマーの発症にも関与しています。アルツハイマーは脳の炎症が原因と言われていますが、炎症を起こす菌には歯槽膿漏の原因菌によって作られる酪酸の影響があるという研究結果が発表されています。体内で酪酸が作られると、細胞の酸化ストレスを促進して細胞の破壊促進すると考えられています。

 

正しい歯磨きで歯垢や歯石を残さないようにしたり、歯科医院での定期検診を実施すれば、高齢になっても歯槽膿漏の予防が出来ます。健康な自分の歯が維持出来れば、アルツハイマーのリスクを減らすことが出来ると言えるでしょう。