歯槽膿漏が痛むときの痛み止めは一時しのぎ

歯槽膿漏が痛むときの痛み止めは一時しのぎ

歯槽膿漏は、あるタイミングで痛みを感じる、慢性的に痛いなど症状がいろいろとあります。歯周病の症状が重症化しているので、歯茎の腫れや膿だまりなども生じます。最悪状態になると歯ブラシが触れただけでも強烈痛みがあり、歯がグラグラとしてきます。症状を鎮静化及び改善させるには病院での治療が基本ですが、歯の痛みで眠れないほどの辛い場合の痛み止めの方法がいくつあります。

 

真っ先に考えられる方法は鎮痛剤の服用です。歯槽膿漏など歯の痛み止めとして効果が高い市販薬はロキソニンSです。第1類医薬品に分類されているので、ドラッグストアなどでの購入時には薬剤師のチェックを受け必要があります。歯科医院で処方される痛み止めと同等の成分が配合されているので、我慢出来ない痛みの鎮静化に早く効果を得られます。飲み薬には飲み合わせがあります。薬剤師からは他に処方薬を飲んでいないかなどの確認があるので、持っていれば必ずお薬手帳を持参することが大切です。

 

痛み止めに薬を飲みたくない場合には、痛い部分に直に氷を当てたり、外側から冷たいタオルや氷嚢などで冷やすと鎮静化に有効です。また歯槽膿漏になっている部分に食べ物のカスが詰まって痛みを強くしていることがあります。鏡などで確認して詰まっているものがあれば、歯ブラシや歯間ブラシで除去すると傷みが落ち着くことがあります。

 

痛み止めの薬、冷却、食べかすの除去などで痛みが軽減出来たとしても、患部の状態が良くなったということではありません。一時的に痛みを軽減するだけの方法なので、必ず主治医か最寄りの歯科医院で治療を受けることが必要です。痛みを発症したのが夜間で痛み止めの薬の持ち合わせがなければ、我慢せずに地域ごとの救急指定歯科医院を受診しましょう。