歯槽膿漏は骨が溶ける病気

歯槽膿漏は骨が溶ける病気

歯茎が腫れたり、歯磨きの時に出血すると歯周病や歯肉炎の可能性があります。歯周病は自覚症状が少ないので、初期の状態で歯医者での治療を開始できる人はごくわずかです。ちょっと水がしみる、寝不足で歯が痛いなどと思っているうちに症状が進行して、歯槽膿漏になるケースが多いです。

 

歯槽膿漏は歯茎の膿・出血・痛み・腫れなどの他に口臭が強くなりますが、老化現象のひとつと考えている人がいます。しかし、老化現象だからと軽視していると抜歯が必要なほど悪化します。歯槽膿漏は単に歯茎の腫れや炎症が起こる歯周病が悪化した病気ではなく、歯や骨が溶ける毒を持った病気です。歯周ポケットに蓄積した歯垢が口内細菌の餌となって増殖すると、歯が溶ける毒を放出します。痛みを我慢して処置を放置すると、歯を支えている骨が溶けるだけでなく、毒素が歯茎から顔の骨に浸透して顎の骨が溶けることもあります。

 

虫歯は虫歯菌が起こす症状なので、歯周病菌によって発症する歯周病は虫歯がない人でもかかります。歯磨きが不完全で歯垢が蓄積していると発症のリスクが高くなります。歯磨きは歯の表面や裏側だけを磨くのではなく、歯と歯の間、歯と歯茎の間にある歯周ポケットなどをきれいにする必要があります。

 

セルフケアでは限界があるので、歯医者での定期的な歯のクリーニングは予防策として有効です。歯槽膿漏なっても正しいケアを継続すれば、症状の進行や悪化は抑制出来ますし、溶けてしまった骨を再生出来る薬もあります。すべてのケースで採用できる治療方法でありませんが、エムドゲインという薬を用いると溶けた骨を再生できます。自由診療治療なので、多くの費用が必要ですが、入れ歯や差し歯と比較してどちらの方法が適しているかは主治医と相談するとよいでしょう。しかし健康な歯を維持し続けるための基本策は予防歯科です。悪くなってからではなく、悪くならないように予防をすることが重要です。